風俗協奏曲

大学生の夏の日に使った風俗嬢

あれは大学生の夏、僕は風俗を使って夏を謳歌しようと思っていました。大学生の夏なんて、ハーレムだと思っている人もいるでしょう。確かに大学のヒエラルキー上位にいる大学生は、モテモテです。しかし、僕みたいな最下位にいる男は、モテるどころか友達と遊ぶ予定すら入らないんです。そんな中、あの夏は異様にテンションが高くて、バイト代を風俗に使ってしまったのです。風俗なんてそれまで全然気にしてなかったのですが、やっぱり暑い夏にしたいってことで、風俗を使ってみることにしました。使ったのはデリヘル。エアコンがしっかり効いた部屋でのんびりと待っていると、女の子が到着。デリヘル嬢は薄着で、とても可愛かったのを覚えています。そんな大学生の夏から早数年、僕は未だにデリヘルを使っています。あれから色々な女の子とプレイしてきたけれど、やっぱり何度使っても風俗は良いですね。僕くらいの常連となると、より楽しめることも多くなって、さらに充実すると思いますよ。